高校時代の友人が、支援してくれる方と知り合い、大学卒業後の勉強資金を出してもらう約束をしているのです。
毎月大きなお金をもらって、それを貯蓄していることを教えてくれました。
パトロンの意味が分り、胸を踊る気分になっていました。
私も優しい方と知り合えたら、留学費用を資金援助してもらえる可能性があります。
そうすれば、夢の語学留学へ!
とても素直にパトロンが欲しいと思ってしまいました。
「知り合った人と、どんな関係を作っているの?」
「デートだよ。食事に出かけたりドライブに出かけたり、その他諸々」
「全然エッチなことはしない?」
「全くしないよ。そういう関係じゃないからね。それに優しくて精神的なサポートもしてくれたりもして、あれこれ助かるんだ」
友人の笑顔が、眩しく感じてしまいました。
援交や愛人関係のように、大人のお付き合いをする必要がない。
女の子にとって、この部分はとても安心出来ます。
夢を応援してくれる男性の存在に、心がときめきまくってしまいました。
「どこで出会ったの?やっぱりインターネット?」
「うん、こういう出会いはネット以外考えられないからね」
確かに現実の世界で相手を見つけるのって、とても難しいと感じます。
でも気軽に発言出来るネット上なら、話は変わってきます。
パトロンという存在が、ますます私の中に大きく広がっていく感じでした。
従来のエッチをして、お金をもらう関係ではありません。
頂ける金額だって、パパ活とは比較にならないほど大きなものになるようです。
パトロンとは女の子の夢を真面目に応援してくれる人のこと、だから絶対に出会いを見つけたいと思いました。
「ネットでパトロン募集するときは、注意しなきゃダメだよ」
と、友人が話し出しました。
ネットの世界の出会いは、危険がいっぱいなのだそうです。