インターネットは、とても便利で役に立つものです。
今の社会において、必要不可欠。
何をするにも、インターネットというのは活躍するものです。
だけど、その裏には危険も潜んでいるのも確かです。
顔が見えない世界だからこその、危険性というものがあると友人に言われてしまいました。
「これ、本当に痛感したことなんだよね。日頃は何気なく使っているネットの世界だけど、やっぱり悪質な人たちもいるなっていう印象を持ったよ」
パトロン募集は、決して楽なものではなかったようなのです。
最初は、失敗も多くあったようです。
「より簡単に、気軽に相手探しをしたいって思っちゃうでしょう。思いついたのはTwitterだったんだよね」
完全無料で匿名性の高く、ユーザーも多いTwitterは、私も利用しています。
「別のアカウントを作って、パトロンになってくれる男の人探しをやってみたんだけどね、これは最悪の状態。冷やかしとかで大炎上した」
必ず冷やかしなどは、ネット上にはあります。
思わぬツイートで、炎上してしまうというのは多々あることです。
結果的に、お金くれる男性との出会いを見つけられなかったのだそうです。
「次に目をつけたのが愛人募集掲示板。これも登録必要なくて完全無料で気楽だからね。募集の投稿をしてみたんだ」
この無料の掲示板も、決して良いところではなかったのだそうです。
たくさんメールが届くから、期待は膨らんだと言っていました。
だけどそのメールの内容が、ヤリ目ばかりだったようです。
「それとさ、支援するからキャッシュカードと暗証番号を教えるようになんて言う詐欺まで。待ち合わせしたところ、初回だけ肉体関係ありって言い出す人までいたの」
完全無料の掲示板でも、結果は惨敗で、散々な思いをしてしまったようです。
「だからね、ネットで出会いを探すのって、結構難しいと思っておいたほうがいい」
まずはネットの怖さから教えられてしまいました。